おすすめギフト

予算別に買える胡蝶蘭を紹介!値段ごとにふさわしいビジネスシーンも解説

ハーブさん
ハーブさん
こんにちは。もと花屋のハーブさんです。

胡蝶蘭は法人向けのお祝いギフトとして定番中の定番です。

その気品ある存在感で会社のお祝いを演出してくれます。

しかし胡蝶蘭といってもその種類はさまざま。
会社として送る場合は予算が決まっていることもあるので、余計迷ってしまいますよね。

そこで

お客さん
お客さん
胡蝶蘭っていくらくらいから、どんな物が買えるの?

という疑問に答えるために、価格ごとに購入を検討できる胡蝶蘭をまとめてみました。

値段ごとに贈るのにふさわしいシーンなども紹介しているので、お祝い用の胡蝶蘭を探している方はぜひご参考にください!

予算5,000円以下で買える胡蝶蘭

高級花の代名詞としても知られる胡蝶蘭ですが、5,000円以下といったリーズナブルな価格帯からでも購入できます
1本立ちなどボリュームは小さくなってしまいますが、気品ある佇まいは他の花にはない魅力です。

・・・しかしながらビジネスシーンではあまり見かけません。
状況にもよりますが仕事上の付き合いのある方や会社向けとなると、ある程度値段をかけた品でないと失礼に思われることが大きいと思います。

そのため5,000円以下の胡蝶蘭は、基本的には法人向けと言うよりも家族や個人向け。
母の日や両親の結婚記念日など、特別な日のお祝いに胡蝶蘭はうってつけです。

ふさわしいシーン

誕生日、結婚記念日、母の日など(個人向け)

5,000円以下の胡蝶蘭の購入はこちらから

予算5,000~10,000円で買える胡蝶蘭

ギフト用の胡蝶蘭にも様々な種類があり、スタンダードな白の胡蝶蘭でも小ぶりなサイズであったり、最近流行りの「ミディ胡蝶蘭」であれば10,000円以下での購入も可能です。
とくに知り合いがお店を始めた際の開店祝いなどに適しています。

もちろんランクが上の胡蝶蘭よりもボリューム感は少ないですが、個人で経営するお店など置くスペースが限られる場合は逆に喜ばれることも。

ミディ胡蝶蘭は色味や模様がユニークなものも多いので、予算は少なくとも個性的な一品を贈れます。

ふさわしいシーン

小さなお店の開店祝い、同僚の昇進祝いなど

5,000~10,000円の胡蝶蘭の購入はこちらから!

予算10,000~20,000円で買える胡蝶蘭

ビジネスシーンでよく使われるのはこの価格帯からです。
とくに15,000円以上かければボリューム感のある3本立ちの胡蝶蘭を探せます(おおまかな目安としては胡蝶蘭1本立ちにつき5,000円くらい)。

そこまで付き合いが深いわけではない会社向けのフラワーギフトとしては、このくらいの予算でも十分。
ただ多くの胡蝶蘭が贈られると想定される企業など、周囲と比べられてしまう可能性がある場合は少し注意してください。

ノーマルな白の胡蝶蘭より気持ち予算が高くなりますが、ピンクで可愛らしい胡蝶蘭や、リップと呼ばれる部分だけが赤い胡蝶蘭も素敵です。

ふさわしいシーン
  • 一般的な付き合いの会社の移転、上場、役員就任祝い
  • 開業、開店祝い

10,000~20,000円の胡蝶蘭の購入はこちらから

予算20,000~30,000円で買える胡蝶蘭

「お祝いの品としての胡蝶蘭はいくらくらいがふさわしいか?」

相手との付き合いの深さやお祝いの内容にもよるので難しいですが、一般的に基準とされやすいのが20,000円以上です。
少なくとも20,000円以上の胡蝶蘭を選べば、失礼と思われることは少ないでしょう。

また2,5000~30,000円ほどの予算があれば5本立ちの胡蝶蘭も選択肢に入ってきます
3本立ちでも映える胡蝶蘭ですが、5本立ちはさらにインパクトが増加。

日々お世話になっている会社さん向けに贈る場合は、できればこのラインの予算を確保できると理想的です。

ふさわしいシーン
  • 一般的な付き合いの会社のお祝い全般
  • 上司の昇進祝い、叙勲・受賞祝い

20,000~30,000円の胡蝶蘭の購入はこちらから 

予算30,000~50,000円で買える胡蝶蘭

30,000円以上の胡蝶蘭はいずれも豪華です。
5本、6本立ちの胡蝶蘭に加えて黄色や青などのカラフルな胡蝶蘭に加えて、特殊な技術により花びらに絵柄や金箔が施された「化粧蘭」なども選べるようになります。

大切な方や企業向けのお祝いとしては最適。
感謝の気持ちを伝えると同時にお互いの絆をさらに深めるギフトとなります。

ふさわしいシーン

付き合いの深い会社へのお祝い全般

30,000~50,000円の胡蝶蘭の購入はこちらから 

予算50,000~100,0000円で買える胡蝶蘭

50,000円以上の胡蝶蘭となると数としては多くありません。
それなりに立派なサイズの5本立ち胡蝶蘭あっても予算余りになってしまうこともあり、場合によっては胡蝶蘭農園に特注して届けてもらうことも見えてくる価格帯です。

7本~10本立ちの胡蝶蘭は周囲に他の胡蝶蘭が並んでいても、つい目を引かれてしまうようなインパクトがあります。
もし贈る機会がありそうであれば、タイミングを逸しないためにも早めに注文予約をいれておくことをおすすめします。

ふさわしいシーン
  • とくに付き合いの深い会社へのお祝い全般
  • 社長就任祝い

50,000~100,000円の胡蝶蘭の購入はこちらから 

予算100,0000以上で買える胡蝶蘭

100,000円以上となるとほぼ完全に特注となります。
一般的な花屋さんやネット通販では購入が難しい場合もあり、洋蘭園などの問い合わせなどが必須になってくるラインです。

確かに一般には出回っていないサイズですが、大きさや輪数だけでなく仕立ても特殊な芸術品のような胡蝶蘭を取り扱っている専門店もあります。
唯一無二の品をオーダーメイドしたいという方はぜひ探してみてください。

ふさわしいシーン
  • 特別なお祝い
  • 芸能人など位が高い人向けのギフト

\100,000円以上の胡蝶蘭も扱っている専門店/

まとめ

予算5,000円で買えるリーズナブルな胡蝶蘭から、100,000円以上の特注胡蝶蘭まで予算別に買える胡蝶蘭を紹介しました。

お金をかければ良いというものではありませんが、ビジネスシーンで胡蝶蘭を贈る際には失礼のないよう、相場感を外さないよう贈るようにしたいですね。

法人向けギフト用の胡蝶蘭を探している方は、以下の記事なども参考にしてみてください!