胡蝶蘭

「ピンク胡蝶蘭」の特徴まとめ|法人・個人向けギフトで幅広く活躍する花

胡蝶蘭といえばどんな色が思い浮かびますか?

新しい会社の設立祝い、新社長の就任祝い、議員選の当選祝い、など大きなお祝い事の際には白の胡蝶蘭がずらっと並ぶので、胡蝶蘭=白というイメージも強いかもしれません。

しかし胡蝶蘭には様々な色味があり、色によって「こめられた意味」「受ける印象」「贈るのにふさわしいシーン」が微妙に変わってきます。そこで

お客さん
お客さん
ピンクの胡蝶蘭って白の胡蝶蘭とどう違うの?

という方向けに、ピンク胡蝶蘭の特徴についてまとめてみました

ピンクの胡蝶蘭の特徴まとめ

ピンクの胡蝶蘭の市場における割合

法人向けで贈られることの多い花びらの大きな「大輪」の胡蝶蘭は、ほとんどが白です。
3月~4月、9月~10月といった年度の切り替わりの時期は、大量の胡蝶蘭が市場で取引されますが、体感的にその8~9割が白でした。

取引される胡蝶蘭全体で見ると割合は少なめですが、カラフルな胡蝶蘭の中で最もメジャーな色が「ピンク」です
色付きの胡蝶蘭の80%前後はピンクで、それ以外のレア物といった感じで黄色、青などが続く感じでしょうか。
やはり単純な流通量で言えば白が圧倒的ですね。

ハーブさん
ハーブさん
<補足>
以上は大輪の胡蝶蘭の話で、個人向けのプレゼントによく使われる2~5号くらいの鉢に入った「ミディ(マイクロ)」胡蝶蘭はむしろカラフルなものが多いです。

贈る相手やシーンが異なると、需要も変わってきますね。

ピンクの胡蝶蘭の花言葉

胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」という非常におめでたい花言葉を持ちますが、ピンクの胡蝶蘭はそれに加えて「あなたを愛します」という花言葉も持ちます(同じ花でも色によって花言葉が変わるケースは他の花でもあり)。

なかなかストレートかつ、能動的な愛情表現ですよね。

ピンクという色が女性に好かれやすいこともあり、女性向けのギフトの場合はピンクが選ばれることも多いです。

ピンクの胡蝶蘭の価格

胡蝶蘭は色ごとに生産量が異なるので、青や緑、黄色といった色味の胡蝶蘭は、メジャーな白の胡蝶蘭よりも高価な場合が多いです。

しかしピンクの胡蝶蘭は他の色付きの胡蝶蘭より流通量も多く、値段もそこまで割増というわけではありません

お店にもよりますが、だいたい白の胡蝶蘭の+5~15%増し程度の価格で購入できるかと思います。

ピンクという色の印象

ピンクという色は温かみがあり、やさしい印象があります。
見る人の心を和ませる力もあるようなので、オフィス空間を彩るインテリアとしても良いです。

ただし、ひとくちにピンクの胡蝶蘭といっても品種は多く、花びらの色味もむしろ紫に近いような濃厚なピンクから、咲きたての桜を思わせるような淡いピンクまで様々。
なかにはリップと呼ばれる、花の中心の付近のみが染まっているものもあります。

同じピンクでも驚くほど印象が変わったりするので、注文する前にはサイトに掲載されているサンプルの写真をよく確認しておくなど、入念にチェックしておきましょう。

あわせて読みたい
胡蝶蘭にはどんな色がある?色別に特徴やふさわしいシーンも紹介 華やかで人目を引く存在感がありながら、気品も兼ね備えている「胡蝶蘭」はフラワーギフトとして、今なお人気がある花です。 法人向け...

ピンクの胡蝶蘭をラッピングする際の注意点

白の胡蝶蘭はどんな色とも合うのでラッピングもほぼ何でもOKですが、ピンクの胡蝶蘭の場合、あまり主張が強い色と合わせると違和感が生じる恐れがあります。

おすすめは赤、ピンク、紫などの同系色のほか、緑やブラウンなどのアースカラー

逆に言えば青や黄色などと合わせると、ケバケバしくなってしまうかもしれません。

この辺りはお花屋さんが調整してくれるのであまり心配はいりませんが、相手のコーポレートカラーに合わせてラッピング色を指定する際などは気をつけたいですね。

ピンクの胡蝶蘭の育て方・育てやすさ

ピンクの胡蝶蘭の育て方は、白の胡蝶蘭とほぼ同じです。
特殊な染色や加工などを施しているわけではないので、白の胡蝶蘭よりも生育上弱いということもありません

ただ、できるだけ長持ちするお花を贈りたい場合は、ピンクの「ミディ胡蝶蘭」を選ぶのもありです。
ミディ胡蝶蘭は大輪より比較的丈夫で、置かれた環境が悪めでも1ヶ月くらい花が維持したりします。

あわせて読みたい
【初心者向け】オフィスでの胡蝶蘭の育て方!長持ちさせるためのコツ 会社では人事異動や移転のお祝いで、付き合いのある企業から胡蝶蘭をもらうこともありますよね。 ギフト自体はとても嬉しいもので...

ピンクの胡蝶蘭を贈るのにおすすめのシーン

ピンク胡蝶蘭は結婚を迎えた女性向けのプレゼントとして人気があります。
結婚式場の装飾などにも使われたりしますね。

「愛情」や「繁栄」を象徴するお花なので、プロポーズや出産祝いといったシーンで贈られることも多いです。

ピンクという色は柔らかい色味ですが、胡蝶蘭の優雅で上品な花びらの造りもあり、決して甘すぎるような印象の花ではありません。

そのためカジュアルなお祝いのみでなく上場祝い、移転祝いなど法人ギフトとしても幅広く見かけます

【サイズ別】おすすめのピンクの胡蝶蘭の品種

実際にピンクの胡蝶蘭を探しているという方のために、サイズ別におすすめの胡蝶蘭をあげてみました。

ピンク胡蝶蘭 大輪3本立ち

胡蝶蘭園.com
高さ 約70~80cm
花弁サイズ 約10~11cm
価格 ¥21,000 (税込)

ピンク胡蝶蘭 大輪5本立ち

ギフトフラワー
輪数 約40輪
価格 ¥30,240(税込)

ミディ胡蝶蘭 大サイズ

幸福の胡蝶蘭屋さん
高さ 約75cm
仕立て 5本以上
価格 ¥27,300円 (税込)

ミディ胡蝶蘭 小サイズ

HitoHana
仕立て 2本 観葉寄せ
価格 ¥7,830(税込み)

まとめ

白の次にメジャーな色を持つ「ピンクの胡蝶蘭」について、その特徴を紹介しました。

「胡蝶蘭は白を選べば間違いない」という風潮もありますが、ピンクの胡蝶蘭ならではの魅力もあり、贈るシチュエーションに応じて白の胡蝶蘭と使い分けたいところです。

ギフトを贈る際の手助けになれば幸いです!